日本応用数理学会 折紙工学研究部会

折紙工学研究部会では、平坦な素材を折ることで形を作り上げる「折紙」の技術を工学に応用すること、および折紙の幾何学的な性質について数学的な観点から探究し、その応用範囲を探ることを目的とした研究を推進しています。

体制・連絡先

  • 主査:三谷純(筑波大学)
  • 幹事:石田祥子(明治大学)、斉藤一哉(九州大学)
  • mail:mitani(AT)cs.tsukuba.ac.jp

主な活動

セッション1 座長:三谷 純(筑波大学)

  1. 戸倉 直(株式会社トクラシミュレーションリサーチ、明治大学),円筒ハニカム構造体の衝撃エネルギー吸収性能の比較検討
  2. 今田 凜輝(東京大学), 舘 知宏(東京大学),折紙/切紙テッセレーションに現れるソリトンと力学系による解析
  3. 須藤 海(東京大学), 舘 知宏(東京大学),折紙テセレーションを用いた曲面間の折写像設計
  4. 天童 智也(東京大学), 舘 知宏(東京大学),8ピースカレイドサイクルの機構解析とその平面敷き詰め

セッション2 座長:斉藤 一哉(九州大学)

  1. 佐々木 淑恵(明治大学), 萩原 一郎(明治大学),エネルギー密度位相変更法による輸送箱の固有値制御法の提案
  2. Diago Luis(Meiji University), 篠田 淳一(Interlocus Inc),萩原 一郎(Meiji University),A consideration on development of Kirigami robot
  3. 山崎 桂子(明治大学), 橋口 真宜(計測エンジニアリング株式会社),萩原 一郎(明治大学),快適音響空間創出手法の開発と折紙構造への適用
  4. 村井 紘子(奈良女子大学), 山本 怜佳(奈良女子大学),Waterbomb tessellationのcylindrer solutionの存在条件について

セッション3 座長: 舘 知宏(東京大学)

  1. 蘇 単(筑波大学), 山本 陽平(筑波大学), 三谷 純(筑波大学),収縮時に図柄が現れるジャバラの設計手法の提案
  2. 鎌田 斗南(北陸先端科学技術大学院大学), 上原 隆平(北陸先端科学技術大学院大学),多面体の共通展開図の非存在性
  3. 芳師渡 淳之介(北陸先端科学技術大学院大学), 鎌田 斗南(北陸先端科学技術大学院大学), 安細 勉(茨城工業高等専門学校), 上原 隆平(北陸先端科学技術大学院大学),一次元折り紙の計算複雑性とその個人認証への応用
  4. 廣瀬 智也(筑波大学), 三谷 純(筑波大学),軸対称性を持つ立体折り紙の制作時に生じる誤差を考慮した展開図補正法

セッション4 座長: 上原 隆平(北陸先端科学技術大学院大学)

  1. 山本 陽平(筑波大学), 三谷 純(筑波大学),平坦折り可能な展開図間の連続変形
  2. 繁富 香織(北海道大学), 上原 隆平(北陸先端科学技術大学院大学), 堀山 貴史(北海道大学),細胞折紙と計算折紙による細胞の立体構造の最適化
  3. 北島 千朔(九州大学), 斉藤 一哉(九州大学),ハサミムシの扇子を応用した3Dドーム構造の設計
  4. 米田 大樹(九州大学), 斉藤 一哉(九州大学),柱状生物の脱皮 -- ヘビ、イモムシ、あるいはヒトの靴下

セッション1 座長:舘知宏(東京大学)

  1. 坂本 優斗(明治大学理工学部機械工学科), 石田 祥子(明治大学理工学部機械工学科),二層折畳構造を利用した防振機構の力学的特性と防振性能
  2. BEN YUE(明治大学理工学部), 山口 峻平(明治大学理工学部機械工学科機能デザイン研究室), 石田 祥子(明治大学理工学部機械工学科機能デザイン研究室),生物を模倣した新形状ハニカムコアの強度とエネルギ吸収量の評価
  3. 松田 龍馬(明治大学理工学部機械工学科機能デザイン研究室), 石田 祥子(明治大学理工学部機械工学科),層流域におけるらせん型展開構造内流れの解析
  4. 杉浦 和哉(明治大学大学院), 石田 祥子(明治大学),折り目を再現した角錐台シェル構造における圧縮特性の評価
  5. 宮本 好信(愛知工業大学),平坦トーラスの折り紙埋め込みデザイン展開

セッション2 座長:斉藤一哉(九州大学)

  1. 崎谷 明恵(明治大学), 萩原 一郎(明治大学),折畳缶特性の材料特性依存性に関する一考察
  2. 阿部 綾(明治大学), 崎谷 明恵(明治大学), 萩原 一郎(明治大学),フォーム材による折紙構造と柱構造の二重構造エネルギー吸収材の最適設計の試み
  3. 山崎 桂子(明治大学), ディアゴ ルイス(明治大学), 萩原 一郎(明治大学),扇の表面画像の数理的解明及びその応用
  4. 佐々木 淑恵(明治大学先端数理科学インスティテュート), 萩原 一郎(明治大学先端数理科学インスティテュート),安全折紙輸送箱の振動設計の一考察
  5. Diago Luis(Meiji University), 篠田 淳一(Interlocus Inc), 萩原 一郎(Meiji University),Examination of maximizing yield during honeycomb production using platonic solids

セッション3 座長:三谷純(筑波大学)

  1. 北島 千朔(九州大学大学院人間環境学府),斉藤 一哉(九州大学大学院芸術工学研究院),ハサミムシ後翅の折り畳みのドーム構造への拡張
  2. 須藤 海(東京大学), 舘 知宏(東京大学),周期的折紙テッセレーションの群構造と折写像の設計手法
  3. 今田 凜輝(東京大学), 舘 知宏(東京大学),保存系の合成による回転対称な折紙テセレーション
  4. Lee Munkyun(東京大学), 舘 知宏(東京大学),放射状のスリットパターンを用いたコンプライアントな折りヒンジ構造

セッション4 座長:石田祥子(明治大学)

  1. 張 天昊(東京大学生産技術研究所), 川口 健一(東京大学生産技術研究所),曲げ変形に基づく曲線折り紙の形状決定手法に関する基礎的研究
  2. 山本 陽平(筑波大学 情報システム研究科), 三谷 純(筑波大学 情報システム系),三角形のねじり折りを用いた平坦折り可能な展開図の連続変形
  3. 大橋 芳(筑波大学), 三谷 純(筑波大学),ハンドル曲線を用いた曲線折り形状の対話的なモデリング手法
  4. 奈良 知惠(明治大学 研究・知財戦略機構), 松原 和樹(埼玉大学教育学部),剛性条件を付与した多面体の連続的平坦折り問題

2021年12月2日(木)

  1. Thomas Hull (Western New England University),Face flips in flat origami and the origami flip graph
  2. 坪井 俊 (武蔵野大学),平坦トーラスの折り紙埋め込みについて
  3. 鍛冶 静雄 (九州大学),メビウス・カライドサイクル
  4. 舘 知宏 (東京大学),つながるかたち:アート・サイエンス協働
  5. 伊藤 大雄 (電気通信大学),平行山谷付き平坦折り問題 (その2)
  6. 松原 和樹 (埼玉大学),剛辺数に着目した多面体の連続的平坦化問題
  7. 宮本 好信 (愛知工大学),形状記憶樹脂駆動のRES模型試作(FDM4Dプリント技法) (Prototyping RES models with Shape Memory Plastic Actuators (FDM 4D-printing technique))
  8. Luis Diago(明治大学),Origami metamaterial reconstructing any structure including non-convex curved surface in a row
  9. 萩原 一郎 (明治大学),欧米中国と日本のエネルギー吸収折紙構造の研究方向の相違について

2021年12月3日(金)

  1. 寺田 耕輔 (明星大学),折紙工法におけるプレスによる折線加工法(その2)
  2. 上原 隆平 (JAIST),定数回の再折りで連結な凸多面体の関係の研究
  3. 山崎 桂子 (明治大学),扇研究の今後の展望
  4. 崎谷 明恵 (明治大学),折畳飲料容器の潰れ特性
  5. 佐々木 淑恵 (明治大学),新しいトポロジー最適化手法の開発とそれを利用した安全折紙輸送箱の開発
  6. 阿部 綾 (明治大学),反転捩り折紙構造のエネルギー吸収特性
  7. 三谷 純 (筑波大学),曲線折りに関する最近の研究の紹介
  8. 石田 祥子 (明治大学),折紙タイヤプロジェクト2019とその後
  9. 斉藤 一哉 (九州大学),ハサミムシの扇子の工学応用
  10. 今田 凜輝 (東京大学),なまこ折りの力学系
  11. 奈良 知惠 (明治大学),正24胞体の折りたたみとオクタバグ

セッション1 座長:石田祥子(明治大学)

  1. 根芝 冴(電気通信大学), 伊藤 大雄(電気通信大学), 凸多角形紙片上の折り線が平行な山谷付き平坦折り問題
  2. 奈良 知惠(明治大学研究・知財戦略機構), 小林 祐貴(大阪市立大学工学部), 桐原 靖也(大阪市立大学工学部),凸多角形紙片上の折り線が平行な山谷付き平坦折り問題
  3. 賈 伊陽(成蹊大学), 三谷 純(筑波大学), 上原 隆平(北陸先端科学技術大学院大学),Logical Matrix Representations in Map Folding
  4. 日詰 明男(武蔵野美術大学特別講師、龍谷大学客員教授),フィボナッチ折紙の展開
  5. 佐々木 淑恵(明治大学), 萩原 一郎(明治大学),エネルギー密度に着目した折紙構造の振動制御

セッション2 座長:奈良知惠(明治大学)

  1. 蘇 単(筑波大学), 山本 陽平(筑波大学), 三谷 純(筑波大学),蛇腹折りを活かしたBook Foldingアート作品の展開図生成方法の提案
  2. 中里 陸(筑波大学), 山本 陽平(筑波大学), 三谷 純(筑波大学),平織りのホール問題における局所平坦折り可能な解候補の生成とプリーツの交差への応用
  3. 廣瀬 智也(筑波大学), 三谷 純(筑波大学),折り紙制作時に生じる誤差を考慮した展開図補正法の提案
  4. 山本 陽平(筑波大学), 中里 陸(筑波大学), 三谷 純(筑波大学),三角形のタイリングを用いた平織りの作図法

セッション3 座長:舘知宏(東京大学)

  1. 崎谷 明恵(明治大学), 萩原 一郎(明治大学),折畳み缶に関する検討
  2. 山崎 桂子(明治大学), ディアゴ ルイス(明治大学), 萩原 一郎(明治大学),Development of digital technology to eliminate the unnaturalness of fanning two-dimensional photographs and paintings
  3. 楊 陽(明治大学), 趙 希禄(埼玉工業大学), 萩原 一郎(明治大学),折紙構造を可能とする部分加熱捩じり加工法の特徴
  4. 山口 雅貴(明治大学大学院), 石田 祥子(明治大学),曲率半径を変更した円筒ハニカム構造のせん断弾性係数の評価

セッション4 座長:三谷純(筑波大学)

  1. 山岸 義和(龍谷大学), 大福 優介(龍谷大学), 立方体の表面の最小跡と最遠点写像
  2. 張 天昊(東京大学), 川口 健一(東京大学),薄板の曲げ変形による曲線折り紙の形状決定手法に関する基礎的研究
  3. 今田 凜輝(東京大学), 舘 知宏(東京大学),回転対称なWaterbomb Tessellationによる波状曲面-一般展開図における安定性解析-
  4. 武重 日香里(株式会社LIXIL), 小野 勝男(株式会社LIXIL), 安達 瑛翔(京都大学), 須藤 海(東京大学), 舘 知宏(東京大学),剛性異方性を持つサンドイッチ材を用いた曲線折紙機構
  5. 阿部 綾(明治大学), 萩原 一郎(明治大学),有限要素法による遮音特性シミュレーション技術の折紙コアへの応用