「Java 1 はじめてみようプログラミング」
「Java 2 アプリケーションづくりの初歩」
サポートページ

書籍情報

Java 1 はじめてみようプログラミング 「Java 1 はじめてみようプログラミング」
著者:三谷純 / 出版社: 翔泳社 (2010/1/29)
ISBN-10: 4798120987 / ISBN-13: 978-4798120980
Java 2 アプリケーションづくりの初歩 「Java 2 アプリケーションづくりの初歩」
著者:三谷純 / 出版社: 翔泳社 (2010/1/29)
ISBN-10: 4798120995 / ISBN-13: 978-4798120997

Java学習用教材

本教材は「Java1 はじめてみようプログラミング」「Java2 アプリケーションづくりの初歩」を大学または企業などで教科書として採用された教員・指導員を対象に、授業などで活用していただくことを前提として作られています。どなたでも自由に使用できます。
Microsoft PowerPoint, Word形式のファイルは授業の進め方などに応じて、改変していただいて結構です。

スライド教材

「Java1 はじめてみようプログラミング」対応教材 (PDF 約2MB) : 最終更新日 2013/1/30

「Java2 アプリケーションづくりの初歩」対応教材 (PDF 約3MB) : 最終更新日 2013/2/8

「Java1 はじめてみようプログラミング」対応教材 (MS PowerPoint 約3MB) : 最終更新日 2013/1/30

「Java2 アプリケーションづくりの初歩」対応教材 (MS PowerPoint 約4MB) : 最終更新日 2013/2/8



補足資料 1. Java基礎問題ドリル ~ メソッドを理解する ~ (全30問)

  1. 引数なし、戻り値なし 3問
  2. 引数が1つ、戻り値なし 3問
  3. 引数が複数、戻り値なし 3問
  4. 引数なし、戻り値あり 3問
  5. 引数が1つ、戻り値あり 3問
  6. 引数が複数、戻り値あり 3問
  7. 引数が配列 3問
  8. 引数がクラスの参照 (Pointクラスを用いる例) 3問
  9. 引数がクラスの参照 (Personクラスを用いる例) 3問
  10. Personクラスへのメソッドの追加 3問


補足資料 2. Eclipseのコンソールを用いた入力の受け取り(Scannerクラスの使用)


書籍の紹介

Javaは多くの開発現場で使用されている言語であり、書店に行けば目移りしてしまうほど多種多様なJavaの解説書が並んでいます。

このような状況で、新しいJavaの本を改めて出す必要があるのか、という疑問が当然出てくるわけですが、後発の利点を活かして、既存の Java本よりも優れた書籍にすべく努力しました。執筆の際には、過去にJava解説書を執筆した経験、および大学でのJavaの授業を担当している経験を十分活かすことができたと思っています。「やさしく理解しやすく」という点にも十分配慮しましたが、「きちんと説明する」ことを重視しました。

第1巻は「入門書」という位置づけで、今までにプログラミング経験の無い方、またはC言語に関する知識はあるもののオブジェクト指向については学習したことが無い方を対象に、Java言語の基本とオブジェクト指向の基本概念を説明しています。

第2巻では例外処理、スレッド、ガーベッジコレクションなど、Javaを習得するうえで必要となる事項を解説しています。また、コレクションフレームワーク、入出力、SwingによるGUI、グラフィックスとマウスイベント、ネットワークなど、実際のアプリケーションを開発するうえで必要となる内容も含まれています。

本書には次のような特徴があります。

章の構成は次の通りです。


正誤表(出版社サイトへのリンク)

・Java(1)はじめてみようプログラミング
・Java(2)アプリケーションづくりの初歩

三谷純のトップページ